【テイクアウト】ジョイフルテイクアウトを利用した時の反省点【初体験】

インドア夫

広島でも飲食店テイクアウトの動きが広がりつつあります。我が家はよそ者転勤族の為、知り合いも少なく、飲食店事情もよくわかっておりません。(おいしい店はどこにあるのか、焼き鳥と言えば○○、焼肉なら○○のお店だ、等)

こんな状況の中。。自炊ばかりで気が滅入りそうな不器用主婦は私だけではないはずです。しかし

テイクアウトってよくわからない!

っていう方もいらっしゃるのではないでしょうか?少なくとも私はよくわからないですwそんな中不器用主婦が恐る恐る利用したテイクアウトの経験(ジョイフル)を段取り+反省点を挙げながらご紹介いたします。

段取りについて

段取り①お店を決める 

ジョイフルで始まったキャンペーン(お子様ランチ半額~5月初旬予定詳しくはこちら

をたまたま知って、お子様ランチ半額は買いだ、と即決めました。(今回は全国チェーン店でしたが、慣れてきたら地元の飲食店でも頼みたいです・・・)

お子様ランチ半額の商品

段取り②注文方法の確認

電話での注文 or ネットでの注文 or 店頭での注文

注文方法は色々あって迷うのですが、ジョイフルでの場合は、電話での注文、店頭の注文どちらもOK(オンライン注文は✖)ということでわが家は公式HPのメニューを見ながらの電話注文を選択しました。

段取り③メニューの決定

うちの場合は、超ドケチなので、少しでも安くしたい、という思いからおかずのみ(大人だけ)のメニュー+お子様ランチを頼むことにしました。

段取り④実際に電話

・テイクアウトにします という事と

・おかずのみにする(100円引きになる)  という点

・お子様ランチ半額セールの分をお願いします、という点

・どのくらいの時間に取りに行けばよいか、

・車で行くなら駐車場はあるのか、という点

支払方法によってついてはどうか?(カード払い現金払いどちらもOKか現金のみなのかという点の確認)

以上の点、電話にて確認し、自身の連絡先電話番号と苗字をお伝えして、注文が無事終了しました(不器用すぎる点お許しくださいw)

そして出来上がり時間に受け取りに行って、支払いをして、無事おいしくいただくことができました。(この時にある失敗をしてしまいましたが、、、w反省点にて)

 

反省点

成功したかに見えた初のジョイフルでのテイクアウトですが、一点確認し忘れていたことがありました。

それが、支払い方法の確認です。

上記の段取りでは確認事項に入れておりましたが、実際は確認をし忘れておりました。最近はキャッシュレスの流行りの中でカードでの支払いばかりしていたわが家でしたが、ジョイフルが支払方法現金のみ、という点を忘れておりました。これが反省点です。以後気を付けます。

まとめ

他の飲食店においても、現金のみという店舗は少なからずあるのではないかと思います。

一番簡単なのは、マクドとかでオンライン注文&決済ができることです。そうすれば受け取りの際の支払いの不備問題がなくなるのではないかと、思われます。受け取るだけなので。(実際うちは一旦家に帰りました現金を持ち合わせていませんでしたのでww)

そのあたりの情報(注文方法、支払方法、受取場所駐車場等)がお店によりけりなので、それらが消費者に分かりやすくお伝えできるツールがあると便利なのではないか、と感じました。

話は変わりますが、広島県でも地元の飲食店のテイクアウト情報を集めているSNSがあるようです。勝手にリンクごめんなさい、こちらが便利かと思われます。

広島テイクアウト応援プロジェクト(@hiroshima_takeout) • Instagram写真と動画
フォロワー10.2千人、フォロー中42人、投稿191件 ― 広島テイクアウト応援プロジェクト(@hiroshima_takeout)のInstagramの写真と動画をチェックしよう

 

普段利用していない飲食店だけれど、家から近いし、利用しやすいならしてみたいな~

 

 

好きなお店があるんだけれど、駐車場も完備されて僕が取りに行きやすいし、支払い方法もわかりやすく明示されてるから、一回試してみようかな。

こんな感じでハードルが下がると、我々不器用主婦でも利用しやすいのではないか?と勝手に思いました。我々のように、テイクアウト注文に不慣れな方に少しでもチャレンジしていただければと思い記事を作成いたしました。以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

ジャジャーン!!
広げるとこう(計2000円ちょいでした)
お子様ランチ半額のやつ
大人用におかずのみ(おかずのみは100円引きになります)
お子様ランチ半額についてきたおもちゃ その1
お子様ランチ半額についてきたおもちゃ その2

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました