【HSP+転勤族】は不適合だから辞めたほうがいいのかも【向いてない】

未分類
スポンサーリンク

HSPな転勤族の妻

こんな人ほかにもいるのだろうか?もし私のように苦しんでいる人がいるならば、意見や考えを出して一緒に考えていきたいなー、なんて思っています。

毎度の環境の変化のすべてには適応できない

何回も環境が変わるのが転勤族。そんなの分かり切ったうえで就職してる。そんなの我慢するしかないだろ。でもね、毎回毎回、うまく順応をやっているつもりですが、失敗するときだってある。どうしても無理な時。住居の問題。周りの子育て環境の問題。子供の慣れるまでのサポート等。

いまも試行錯誤しています。特に子供の学校への順応。転校の手続きのわずらわしさには慣れました。それ以外です。うちの子が特殊なのかもしれないけれども、どうしても友達や先生と離れるのがつらいのです。

就学前までなら何てことなかった。就学後の転校については、どうしても小学校以降は在校時間が長くなるにつれて、今いる学校への執着というか、子供って学校がすべてなんです。学校をそれだけ楽しんでいる、ということ、これ自体は学校の先生方には感謝ですし、学校の存在の有難さ、すばらしさをいつも感じるのですが。

困ったこと。転勤前後、大泣きします。さらに夜泣きをします。これって普通のことでしょうか。転勤族な自分たちを恨みました。後悔です。こんなことなら、子供に合わせて仕事なんて変えてしまったほうがいい。そう思いました。子供に対してのケアの仕方、フォローの方法に問題があったのかもしれません。でも相談する窓口なんてなにもない。孤独な育児です。(自分が閉じこもっているたけなんですけどねトホホ。。。)

HSPは環境を整えたほうがいい

なにかのサイトで見たのですが、HSPって環境由来の調子の悪さなどが起こりやすく、自分の落ち着く環境・過ごしやすい環境を作ることが大事、という考えもあるらしく。しかしそれは、万人共通な話ですよね。環境が変わっても自力でなんとか順応するって人も多いとは思います。それはホントに尊敬します。こういうところが他力本願だなあと自省します。

しかし、転勤で環境変わるのは会社の社員だけではなく、その社員の家族も問答無用なのですから、それってある意味人権問題な気もします。(←大袈裟ですいません)じゃあ会社辞めろよっていうだけの話なんですがねw

家族の問題。でもその社員の家族は何も個人としては社内の事情は関係ないのです。

考えた末に、転職を考えはじめる

こんな会社に入った自分たちが悪い。こうなると、地域限定社員になればいい。はたまた単身赴任にすればいい。いろいろな対処法を先輩方は取っています。それはとても勉強になります。

しかし地域限定にすると減る給与、さらに単身赴任になると家族としていつ何があるかわからない人生を一緒にいたい人にとっては、苦しい。さらに単身赴任手当がでない会社の人もいます。またさらにいえば単身赴任手当が出たところで高給なわけではない、というパターンもあります。

そんなの不満ばかりならば、辞めてしまえばいいじゃないか?そう思います。やめる方向で今後を考えています。

そういう人がもしかしたら増えてくるかもしれない。給料と環境変化のリスクと子育て環境、それらを天秤にかけて、転職を選ぶのは自然なことかと思います。

もちろん給与たっぷりもらってます、とかなら将来定年後の定住に向けてイロイロ楽しく計画ができるだろう、いい将来の展望があるならば話は別です。

結局、やりたいことをやる

結局、やりたいことをやれる環境を選ぶ、作っていけばよい。いろいろ考えているところなのですが、整理していくとこういった環境がいいなあと思っています。「子供にとって過ごしやすい環境」「仕事があって食っていける・食わせていける地域」「共働きできる地域」

このような環境を自分たちで考えて自ら作っていく、そんな願望しか言ってない記事を書いてしまいました。しかし、風の時代といわれるこれからの時代、自分たちが変えていける、そんな時代だと思いたいです。以上、願望垂れ流し失礼しましたw

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました